ELM英語学習教材研究所 −英語語順トレーニング−

第1文型


第1文型の主なパターンは大きく、T.一般動詞 U.be動詞に分けることが出来ます。

be動詞は第2文型を成す動詞の代表として覚えておきたいですが、ここで登場するbe動詞はものや人の「存在」を表す場合のbe動詞です。

その他、注意したい表現(副詞的な名詞句)を最後に示します。
T.一般動詞
第1文型パターン表
《一般動詞(完全自動詞)》
  主語 (自)動詞 副詞(句) 和訳
様態(M) 場所(P) 時(T)
何(誰)が どうする どのように どこで
(へ・に)
いつ
1 Birds fly.


 鳥は飛ぶ。
Frogs jump.


 カエルは跳ねる。
He walked.


 彼は歩いた。
2 My father walks slowly.

 私の父はゆっくり歩く。
I speak politely.

 私は丁寧に話す。
She can swim fast.

 彼女は早く泳げる。
3 The sun rises
in the east.
 太陽は東から昇る。
He walks
to school.
 彼は学校へ歩いて行く。
They swam
in the river.
 彼らは川で泳いだ。
4 Mr. Sasaki skates

in winter.
 佐々木さんは冬にスケートをする。
The class begins

at ten.
 授業は10時に始まる。
I worked

yesterday.
 私は昨日働いた。
5 He slept well in her room.
 彼は彼女の部屋でよく寝た。
She goes
to church on Sunday.
 彼女は日曜日に教会へ行く。
The car stopped suddenly in front of us.
 車は我々の前で急に停車した。
I cried silently in my room yesterday.
 私は昨日部屋で静かに泣いた。

《学習のポイント》

第1文型は『何(誰)が−どうする』という、もっとも基本的で簡単な文の型。この型の特徴は、「どうする」の後に、補語や目的語がないということ。この表にある、様態・場所・時をあらわす語句は副詞の働きをしている副詞(句)であり、「文の要素(主語・述語動詞・補語・目的語)には含まれません。

  1. (第一文型の)自動詞の後に副詞(句)が並ぶ場合、基本的に、様態(どのように),場所(どこで),時(いつ)の順番に並ぶ。強調などによって、副詞語句を文頭においたり、この順番でない場合もあるが、基本の順番として、このMPTを覚えておくとよい。
  2. come, go, arrive, leaveなど、移動を表す(自)動詞の場合、普通、場所(P)が先に来る。
    : She came here suddenly today.(彼女は今日、突然ここに来た)
  3. その他、手段を表す副詞句などもある
    : He went thereby car.(彼は車でそこに行った。)
      She goes to schoolby train.(彼女は電車で学校へ行く。)

U.be動詞
第1文型パターン表
《be動詞−存在を表す(There/Here構文)》

There/
Here
be動詞 主語 副詞(句) 和訳
形式的な主語 ある・いる 何(誰)が どこに
1 There is a dictionary on the desk.
 机の上に辞書が1冊ある。
There are some dogs in the park.
 公園に犬が何匹かいる。
There is a baseball game on TV.
 テレビで野球の試合がある。
Here is a newspaper.
 ここに新聞がある(ほら、新聞よ)。
《be動詞−存在を表す(There/Here構文ではない場合)》
  主語 be動詞 副詞(句) 和訳
何(誰)が ある・いる どこに
2 My sister is in the kitchen.
 私の姉は台所にいる。
Mike was in the garage.
 マイクは車庫にいた。
I am at the station.
 私は駅にいる。

《学習のポイント》

be動詞は第2文型を成す動詞の代表。第1文型に分類されるbe動詞は、ものや人の「存在」を表す場合です。

  1. ものや人の存在をあらわす場合(「…に〜がある,いる」)はbe動詞を用いる。
  2. There構文のThereは形式的な主語で、「そこに」という意味はなく、ものや人の存在を表す場合の決まり文句。
  3. There/Hereの後に、一般動詞を用いる場合もある(以下の表を参照)。
  There/Here 一般動詞 主語 副詞(句) 和訳
形式的な主語 どうする 何(誰)が どこに
1 There stands a church at the corner. 角に教会が立っている。
There lived a famous writer in the village. 村に有名な作家が住んでいた。
Here comes the bus.
バスが来たよ。


V.補足
《副詞的な働きの名詞(句)》
  主語 動詞 副詞的な働きの名詞(句) 和訳
何(誰)が どうする 時間・距離・数量(程度)・方向(方法)
1 We traveled eighty days. 我々は80日間旅した。
The bus went fifty kilometers. バスは50キロ走った。
The temperature fell five degrees. 気温は5度下がった。

Come this way. こっちへ行こう。

《学習のポイント》

動詞の後に名詞が来る場合、その名詞は動詞の目的語となり第3文型を成すか、あるいは、補語となり第2文型を形成しますが、これらの名詞(句)は例外的に副詞的な働きをします。ゆえに第一文型に分類されます。